ブラックリストでは住宅ローンはもうだめ?

キャッシングベスト3

ブラックリストに載ってしまうと住宅ローンはどうにもならない?

過去に延滞をしてしまった不届きものです。その時は弁護士さんに助けてもらって債務整理などを行ないました。その後、堅実な生活を心がけて10年以上生活の安定を目標に頑張ってきたのです。子どももそれなりに育って来まして、賃貸住宅もそろそろ狭く感じるので、もし住宅ローンが組めるようなら、もう一度頑張ってみたいと思うようになったのですが、ブラックリストに載ってしまうと、住宅ローンを組む方法なんてないでしょうか。

ブラックリストに載ると、住宅ローンの審査には通りません

過去の軽率な判断や予期せぬ出来事などから支払いの遅延、延滞となり、その結果として金融事故となり、ブラックリストに載ってしまうという方は決して少数派ではないでしょう。ブラックリストとはまさにそのような過去の金融事故の記録であって、この人は過去に不払いなどの金融事故を起こしたので、お金を貸すと危ないですよ、という判断の根拠となっています。

なので過去の金融事故の記録をもっている、つまりブラックリストに載っている人が、住宅ローンはおろか、些細なショッピングローンでさえも審査に通らない可能性は高いのです。ですから、住宅ローンを組めるかという質問はナンセンスなモノかも知れませんね。

とはいえ、10年もの長い間を頑張って人生の再建を期した努力をなさっている方もまた大勢いらっしゃるのも事実ですし、また悪意をもった金融事故であったはずもありません。小さな過失のために一生を無駄にしてしまうよりは、頑張って生活を再建を試みている人を応援する方が社会全体にとってもはるかに有益なことではあるでしょう。

金融事故を経験していなくても、ローン審査に通過するかしないかには時の運のような要素が残りますが、まずは個人信用情報を確認してみる事をお勧めします。個人信用情報は銀行系と消費者金融系とに大別できます。銀行系の記録は10年、消費者金融系の記録は5年で消えることになっています。

完済しているはずなのに延滞として記録が残されていたり、あるいは状況が異なっている不正確な記録になったままということもあるようです。ですから、出来る限り詳細に個人信用情報を確認されることが求められます。そして万が一記録が不正な状態になっていれば、抹消依頼することも視野に入れておかれることが大切でしょう。

ご質問の内容によれば、10年以上過去の事故なので、どちらも記録は消えている可能性が高いでしょう。信用情報を参照しても記録がなければ、それはつまりブラックリストには載っていないということになります。ただし、事故を起こした金融会社の社内記録にはそれ以上の期間の保存がされているので、住宅ローンを組む際にローン会社を慎重に選ぶ必要があります。

残念なことに銀行系の個人信用機関では個人からの記録照会に応じていないようなので、推測する他ないことになります。そこでさらに危険を回避するための方法として、親御さんの名義で住宅ローンを組むという方法もあることを知っておいて下さい。この方法は決して特殊な方法ではないようです。この方法であれば、完全にブラックリストに載ったままの人であっても住宅ローンが可能になります。

ブラックリストに載ってしまった以上、それをどうにかするという方法もあるにはあるといえそうですが、それはある意味システムの隙間を突くようなトリッキーな手段だとも言えます。社会が更生しようとする人たちに対して決して冷徹ではないということを信じ、まっとうな方法をダメ元でトライしてみるのが良いのではないでしょうか。健闘を祈ります。

ブラックリストへの反映と住宅ローンの関係性

住宅ローンを組みたいと思っていても、組めない場合があることをご存知でしょうか。一生に一度のお買いものともいえる自宅ですが、過去の社会信用状況によっては審査に通らない場合があります。では、どういった場合に審査が通らない可能性が出てくるのかをご紹介します。

まずは、いわゆるブラックリストというものがあります。実際にはブラックリストと呼ばれるようなリストはないのですが、通称でそのように呼ばれています。どういったものかというと、簡単にいえば信用情報をまとめている機関がだしている帳簿のようなものです。信用情報というのは、今までのキャッシングの利用や、審査を申込んだ業者名等があります。ただ、申込みや利用をしただけでは「ブラック」と言われる情報にはなりえません。あくまでも、マイナス情報のみがここでは重要です。過去に、債務整理や自己破産等の手続きをとっていたり、支払いの長期遅滞等があった場合に記載されます。このマイナス情報があった場合、もちろん社会的な信用が落ちていると認識されてしまいます。お金を貸しても、返ってくるのかわからない相手には普通は貸しませんよね。この要件にひっかかると住宅ローンを組めなくなってしまうのです。

さらにいえば、住宅ローンの保証人になることもできなくなってしまうのです。多額の融資をするわけですから、保証人をたてることは必須項目です。しかしながら、過去にした過ちのため、保証人にすらなることができなくなってしまうのです。婚姻をしていれば、配偶者名義でローン審査に臨むことはできますが、保証人の要件でひっかかる恐れがあります。

このようなことにならないためにも、将来的なことも見据えて、借り入れのある方は支払い遅滞がないようにしましょう。そして、極力自己破産などということにならないように心掛けるようにすることをお勧めします。せっかく婚姻し、子供もできたというのに、自分の家も持てないなんて悲しいですからね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 審査に通りやすい<おまとめローン>探してる人いませんかー! All Rights Reserved.