数あるローン審査の中で、抑えておくべきローンの基準を教えて

ローンって社会人になってからあちこちで耳にするようになった言葉なのですが、今ひとつよくわかりません。ローンに審査があることは理解できますが、それぞれのローン審査は同じようなものなのではないのですか?代表的なローンを上げて、ローンの基準みたいなものを教えて下さい。

ローンの種類は目的毎に多くあり、それぞれの審査基準がある

ローンといえば大きく分けて銀行が提供している目的ローンなどの大型ローン、信販系金融機関が提供しているショッピングローンなどがあり、そして消費者金融等が提供しているキャッシングローンを挙げることができると思います。

銀行のローンで最も大きいローンといえばもちろん住宅ローン。このローンが高額の融資を前提としているために最も審査が厳しいものであるともいえるでしょう。住宅ローンの審査では一般的に、個人信用情報、勤務先、勤続年数、そして年収。さらに健康状態などが審査項目として考えられているようです。

この審査項目の中でも住宅ローンの場合は年齢がもっとも重視される項目であるとされるのは、やはり返済に年数が必要であることを原因としているといえます。20年に渡る返済期間などは小額小口の個人向け消費者金融などでは考えられないような長期の返済期間になるわけですから、それなりの審査基準であるということができます。

そしてショッピングローンの中では、一般的に自動車を購入した際に組まれるローンが最も高価なローンになります。自動車ローンはその他のローンとはまた少し違って独特の審査基準を持つことになるのです。販売店によるローンであれば、完済するまで所有権が販売店に留まることもあり、販売店の力関係が大きくものをいうことになります。

銀行でももちろん自動車を目的にしたローンを提供していますが、こちらは販売店によるローンとは異なり所有権は自動車の購入者に移ることになります。ですから自動車を購入したと見せかけるような詐欺手口もあって銀行はそれなりに審査を厳しくせざるを得ないということになるのです。

ショッピングローンに似たフリーローンの融資枠も自動車を購入するのには充分なものであることから、自動車のローンをショッピングローンではなくフリーローンで、という人も結構います。それはフリーローンの方が審査が甘くなるということが期待できるからに他なりません。

そしてインターネットの普及によって出現したネットカードも融資枠が拡大され、フリーローンのように活用して自動車ならなんとかなるようなカードローンもいくつか提供されています。ものによってはフリーローンよりも更に審査の基準が低く設定されていたり、設定された限度額内であれば何度でも繰り返しキャッシングができることから人気を集めているローンだといえます。

いずれのローンも個人信用情報は共通して大きな要因として扱われています。これはローン利用後の返済が滞りなくなされている場合であれば、ほとんど問題になることはありません。むしろ良好な利用履歴は新規のローン審査の際にはプラスの評価に作用すると考えられています。

ローン審査は会社毎にそれぞれに基準を定めているものなのですが、結局の所、学校の入学試験のように落とすためのモノではなく、融資可能な、つまり返済可能な申込者を見分けるための審査なのです。ですから融資額が大きくなれば審査基準は高いものが設定されますし、小口小額の融資であればそれなりに審査基準が低くなる傾向があります。

カードローンを利用する時は審査の基準が緩い業者を探しましょう

現代の社会において、消費者金融などの、お金を貸し付けてくれる業者というのは、なくてはならない存在となっています。
実際の利用者も非常に多いですし、これから利用してみようかと考えている方もいるかと思います。
消費者金融からのカードローンによるキャッシングは、非常に便利ですが、利用する際には、いくつか注意しておかなければならない点もありますので、必要な情報は事前に知っておくようにしましょう。

まずこういったキャッシングを利用する際は、最初に業者から審査をされることになります。
内容は業者によって違いがありますが、要は社会的信用があるかどうかということが重要になってきます。
現在仕事をしているのか、家や土地などの財産を所有しているか、他の金融機関から借り入れをしていないか、また、借り入れがある場合、返済が遅れたことはないか、などといったことを調べられるわけですが、そういったことに問題がなかった場合は、申請が通り、お金を借りることができるようになります。
しかし、そこで貸付をおこなえないと判断されたときは、申請が通らないこともあります。
そういった場合は、別の業者をさがしてみましょう。

先述したとおり、審査の内容は業者ごとに違いますので、申請が通らなかった場合でも、別の業者でなら申請が通ることも十分考えられます。
カードローンなどのキャッシングを利用する時には、自分の状況で借り入れの申請を受け付けてくれる、審査の基準が甘い業者を探すことが大事なのです。
そうして無事申請が通りますと、お金を借りることが出来るようになります。
カードローンの場合ですと、銀行の口座から、預金を引き出すのと同じ要領でお金をおろすことができますので、非常に簡単におこなえます。
しかし、カードローンは簡単に引き出せますから、借りているお金という実感がわきにくいものです。
借りているお金と言うことをしっかりと自覚し、キャッシングのお金は、計画的に使用するようにしましょう。