審査ゆるいカードローンは一体どれくらいあるか教えて下さい

初めてのカードローンの申し込みを考えています。周囲の話を聞いてみれば、結構条件が高かったのか審査に落ちてしまってヘコンだなんて言う人たちもいて大変そうだなと感じています。審査がゆるいカードローンって数がどれくらいあるものなのかを教えて下さい。

比較的カードローンの審査はどれもゆるいものになっています

カードローンの審査といえば、難しいもの、なかなか通らないものというイメージが強いようです。しかし、審査がゆるい、厳しいという評価は多分に個人的な要素が含まれているため、一概にそれらを一括して並べてみせることができません。

どのカードローンも融資可能額を範囲で示しています。例えば、10万円縲怩Q00万円などといった場合、申込み希望額が100万円であったとしても審査の結果30万円が融資限度額としてカードに設定されてしまったということがあります。このような時にカードローンの審査は厳しかったといえるでしょうか。

カードローン会社は申込みに対して一定の審査をおこなって、その申込みに対して融資できる限度額を設定します。そして設定できる限度額がなかった時に初めて「今回は残念ながら……」という審査落ちという結果になるのです。
逆に審査基準が厳しいカードローンとは少額の限度枠すら発行してくれないということになるのではないでしょうか。このような結果もまた決して事例が少なくありません。しかし、ほとんどの場合、手続きが順調におこなわれて申込みの確認などに支障がなければ、審査に落ちません。

もちろん、申込者の属性と言われる要素も審査の当落を決定する大きな要因になります。過去に延滞等を繰り返していたり、債務整理をしていたり、あるいは返済能力に問題があることが明確であれば、審査に通すようなカードローンの会社はほとんど見つけることができないでしょう。

銀行系のカードローンは大体において審査が厳しいと言われたりします。これは銀行が消費者金融のノウハウに乏しかったということが大きな要因なのでしょう。申込者に対する案内が不十分であったりして、申請書が不備なものになってしまうとか、手続きを煩雑にしてしまうことがしばしばあるようです。不備がある申込みが通るはずがありません。

しかし、最近は銀行系カードローンも消費者金融会社の自慢であったノウハウを吸収してきており、銀行系カードローンでありながら消費者金融系のカードローンと同程度の審査を実現するような企業も現れてきています。各カードローンの商品詳細説明を見ればそれぞれに保証会社の名前が挙げられています。

保証会社がカードローンの審査をして、銀行がカードを発行するという仕組みなのですが、その保証会社が多くの場合大手の消費者金融会社が受託していますので、実質消費者金融と審査が変わらないということになるのです。中にはかつての消費者金融会社を銀行業務の中の部門として吸収したカードローンもあります。こうなれば、消費者金融が発行している銀行カードローンともいえる内容になっているといえるでしょう。

そのような努力をしているカードローンの中にはもちろん大手有名な消費者金融会社が発行しているカードローンもあります。そしてそのカードローンにはクレジット機能までつけられていながら、業界トップのゆるい審査基準でも有名であったりします。

それぞれのカードローンの内容をよく見てみれば、条件が良いもの(金利が安い)とか悪いもの(金利が高い)とかあるのですが、概ね条件が良いカードローンほど審査基準が厳しめになることで見当をつけることができるでしょう。逆に条件が悪いカードローンほど審査基準はゆるいということができます。

審査ゆるいカードローンはどこの会社なの?

審査ゆるいカードローンというのは大きく言えば独自審査の基準が低い会社と総量規制対象外の会社があります。この2つを覚えておけば自分でも審査に合格することができるカードローンを見つけることができます。

各社の審査というのはそれぞれが独自の審査基準を持っているので、審査ゆるい会社もあれば厳しい会社もあり、インターネットなどから口コミ情報を活用して、比較的合格しやすいと評判の会社をチェックしてみると良いです。そうすると、審査基準がゆるい会社をしっかりと見つけることができるので、合格しやすくなります。消費者金融でも銀行でも、情報をしっかりと探すと合格しやすい会社を色々と見つけることができるので、まずは情報をチェックすることが何よりも大切です。注意点はヤミ金だけには気をつけることです。

審査ゆるいカードローンとして総量規制対象外の会社である銀行系を利用するという手段も効果的です。この場合は、限度額を小口にすることが一つの条件になってきますが、銀行系の会社で小口のカードローン申し込みをする場合に収入証明を出さなくても良いケースがあります。収入証明がいらないということは年収を問われにくいということなので、審査はかなり合格しやすくなってきます。一般的に銀行というのは審査が厳しいという意見が多く見られますが、小口融資の場合に収入証明が不要だと、逆にかなり審査があまいです。上記にある独自の審査基準が低いという会社よりも、同じ小口融資で収入証明が不要な方がやはり審査は合格しやすいものです。何にせよ収入証明がいらないだけに年収がさほど問われないという意味は非常に大きく、収入に不安がある人の場合は活用してみると良いです。

このようにカードローンというのは会社によって合格しやすいところがあります。自分でも合格できるかをチェックしたいときは、それぞれの金融会社にある借入診断という審査のシミュレーションを活用してみるのも良い方法です。